治療例

2015年1月20日 火曜日

1歯デンチャー(入れ歯)からのインプラント

新年あけましておめでとうございます。

今年からブログ担当になりました歯科衛生士の小林と申します。みなさんがもっておられる「歯医者の怖いイメージ」が、少しでも払拭できますよう治療内容・歯の知識について簡単にブログでご紹介させて頂きたいと思います。今日は、1本だけの入れ歯からインプラントをされた方の症例についてです。

☆男性 36歳 ... 主訴:定期健診とインプラントの相談のため来院
左上6番が欠損していて現在1歯デンチャー(入れ歯)を使用中。
食後の清掃、就寝前の着脱が億劫であるとのこと。
この方は奥さんが歯科衛生士ということもあり健康な両隣の歯を削ってブリッジを
いれるのはお勧めできないとのことで歯にやさしい選択をされたということでした。
ですが、着脱の億劫さも「もう限界」だということでインプラントをする決心がつき
手術が出来るかどうかの検査を行いました。                      

検査の結果、充分な骨が確認できたのでインプラント手術を開始
                ↓
来院されてから約1ヶ月後に手術を行い、術後3ヶ月間の経過観察
                ↓
下記のレントゲンよりインプラント周囲の良好な経過がみとめられました。
                ↓               

下記画像のオレンジの矢印の歯がインプラントになります。このように画像でご覧になっても前歯のご自分の歯と違和感なく装着できているのが確認できたかと思われます。
               ↓

            ↓
これがブリッジになると...。健康な前後の歯を小さく削らなくてはいけないのです。なんてもったいない...という感じですね。
            
image1image2


         ブリッジ                 1歯デンチャー(入れ歯)

この方は入れ歯の着脱にストレスを感じて来院されましたが、インプラントによりそれが解消されたのでもっと早くインプラントにしておけばよかったとおっしゃっておられました(笑)

みなさんの中でもこういった症例あるいはインプラントをやってみたいんだけど...とお悩みの方はいつでも当院にご相談下さい。

 

投稿者 おおまえ歯科医院 | 記事URL

カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
お支払いはクレジットカードもお取り扱いしています
アクセス


大きな地図で見る
〒551-0031
大阪府大阪市大正区泉尾4丁目17-12
東洋プラザ泉尾101
JR大正駅からバス永楽橋筋下車徒歩3分
JR大正駅から徒歩20分

お問い合わせ 詳しくはこちら