歯周病 のコピー

歯周病を予防して生涯健康な歯を

歯周病

歯周病

現代日本で、歯を失う最大の原因となっているのが歯周病です。歯周病は、歯の表面に歯周病菌が汚れとともに付着し、その毒素が歯を支える骨と歯茎にダメージを与える病気です。歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれます。

原因となるのは、プラークと呼ばれる、歯の隙間に溜まる垢です。取り切れない垢が沈着すると歯石となります。
ざらざらした軽石のような歯石の穴に歯周病菌が入り込むと、通常の歯磨きで除去することはできません。歯周病の初期には歯磨きで血が出る程度で、さほど深刻には思えないのが通常です。

しかし実はその裏では、歯周病菌が活発に増殖を始めており、毒素を出し始めます。その毒素で歯は溶けてグラグラになります。こうなった歯を元通りに戻すのは非常に困難です。最終的には抜歯するしかありません。そのため初期段階で歯周病菌を撃退することが、健康な歯を守るためには一番です。

基本は、歯垢を溜めないこと。ご家庭では取り切れない汚れは、定期的に歯科医の手できれいにするのが一番です。
もちろんその療法については患者様の意向を尊重しております。こちらから複数の選択肢をあげ、そこから選んでもらう形で治療を進めます。
また、何より重要なのは定期的な受診です。来院していただいた方には、定期的にリコールハガキをお送りしておりますので、ぜひ検診をお受けください。

スケーリング&ルートプレーニング

スケーリング
歯垢・歯石をきれいに取り除いた上で、表面をつるつるにすることで歯垢や歯石が付きにくくする治療法です。
まずスケーラーと呼ばれる器具を使い、歯磨きで取り除けていない歯垢や、さらに固着化した歯石を除去します。歯茎や歯周ポケットに隠れた歯石も取り除きますので、歯肉の炎症を抑えることができます。
さらに特殊な器具で歯の根の部分をなめらかに仕上げます。歯肉が歯に再び付着することをうながし、歯周ポケットが浅くなる効果があります。

フラップone

歯周病とは、歯周病菌という菌に感染する病気ですから、抗生物質を服用するという方法もあります。

エムドゲイン療法

切開した歯茎にエムドゲインゲルを塗布し、歯周組織の再生をうながす方法です。
エムドゲインゲルは生物由来の歯周組織再生誘導材料で、幼若豚の歯胚組織から抽出精製されたものです。現在、世界数十ヶ国で使用されており、高い安全性が確保されております。
子供の頃に歯が生えてくる過程に似た状況を作り出すことで、健康的な歯周組織を再現します。

GBR(骨再生誘導療法)

GBRとは、歯周病が進行することで失われてしまった骨を、自分の骨や人工骨を移植することで再生させる方法です。
インプラントを患部に挿入し、そこを人工の膜でおおうことで、骨の誘導再生をうながします。
再生速度に個人差はありますが、一般的には半年ほどあれば再生します。骨再生が成功すれば、歯肉はなめらかで美しい見た目になっています。その上にかぶせものを装着して完了です。

内科治療

歯周病とは、歯周病菌という菌に感染する病気ですから、抗生物質を服用するという方法もあります。

さまざまな治療法

エムドゲイン療法

切開した歯茎にエムドゲインゲルを塗布し、歯周組織の再生をうながす方法です。
エムドゲインゲルは生物由来の歯周組織再生誘導材料で、幼若豚の歯胚組織から抽出精製されたものです。現在、世界数十ヶ国で使用されており、高い安全性が確保されております。
子どもの頃に歯が生えてくる過程に似た状況を作り出すことで、健康的な歯周組織を再現します。

GBR(骨再生誘導療法)

GBRとは、歯周病が進行することで失われてしまった骨を、自分の骨や人工骨を移植することで再生させる方法です。インプラントを患部に挿入し、そこを人工の膜でおおうことで、骨の誘導再生をうながします。
再生速度に個人差はありますが、一般的には半年ほどあれば再生します。骨再生が成功すれば、歯肉はなめらかで美しい見た目になっています。その上にかぶせものを装着して完了です。

定期検診

定期検診

一般に、一度歯周病に感染したお口の中は、治療しても歯周病菌をゼロにすることはかなり難しいとされます。そのため歯石が溜まれば、息をひそめていた歯周病菌が再び活動を始めてしまいます。
そうならないためには、定期的なお口の中のメンテナンスが必要です。ほとんどの方が、子どもの頃には学校で歯科検診を受けていたと思います。しかし本当は、大人の方こそ定期検診が重要なのです。

 歯茎が腫れている
 歯茎から血が出る
 口臭がする

こんな症状が出てきたら、歯周病菌が歯茎に侵入して活動しているかもしれません。日頃の歯磨きによるセルフケアとともに、当院での定期検診をぜひお受けください。

歯周病

歯周病

現代日本で、歯を失う最大の原因となっているのが歯周病です。歯周病は、歯の表面に歯周病菌が汚れとともに付着し、その毒素が歯を支える骨と歯茎にダメージを与える病気です。歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれます。

原因となるのは、プラークと呼ばれる、歯の隙間に溜まる垢です。取り切れない垢が沈着すると歯石となります。
ざらざらした軽石のような歯石の穴に歯周病菌が入り込むと、通常の歯磨きで除去することはできません。歯周病の初期には歯磨きで血が出る程度で、さほど深刻には思えないのが通常です。

しかし実はその裏では、歯周病菌が活発に増殖を始めており、毒素を出し始めます。その毒素で歯は溶けてグラグラになります。こうなった歯を元通りに戻すのは非常に困難です。最終的には抜歯するしかありません。そのため初期段階で歯周病菌を撃退することが、健康な歯を守るためには一番です。

基本は、歯垢を溜めないこと。ご家庭では取り切れない汚れは、定期的に歯科医の手できれいにするのが一番です。
もちろんその療法については患者様の意向を尊重しております。こちらから複数の選択肢をあげ、そこから選んでもらう形で治療を進めます。
また、何より重要なのは定期的な受診です。来院していただいた方には、定期的にリコールハガキをお送りしておりますので、ぜひ検診をお受けください。

お支払いはクレジットカードもお取り扱いしています
アクセス


大きな地図で見る
〒551-0031
大阪府大阪市大正区泉尾4丁目17-12
東洋プラザ泉尾101
JR大正駅からバス永楽橋筋下車徒歩3分
JR大正駅から徒歩20分

お問い合わせ 詳しくはこちら