ホーム > 院内紹介

院内紹介

院内写真

外観
外観

おおまえ歯科医院の外観です。

待合室
待合室

壁面にガラスブロックを用い、プライバシーに配慮しつつ自然光を取り込んだ明るい待合室です。

診察室
診察室

シンプルで清潔、そしてリラックスできる落ち着いた空間であることを大事にしております。

CTデンタル
CTデンタル

安全なインプラント治療のため、歯科用CTスキャンを導入しております。

診察台
診察台

自分の歯の状態をモニターでご確認頂けます。ゆったりしたチェアーです。

口腔外バキューム
バキューム

 

歯科用CTとは

歯周病

CTは、Computed Tomographyという英語の略で、コンピューターを用いたデータ処理や画像再構成を行います。X線での撮影により、お口の断面の撮影が可能です。中でも、歯科用CTは、ミクロレベルの情報を必要とする歯科分野向けに特化して開発されたCT装置で、これまでのCTと比べて、口腔内の状態をさらに正確に診断できるようになりました。

レントゲンとの違いは、平面(二次元)の情報しか得られないレントゲンに対CTは立体(三次元)での情報を得ることができるということです。例として、レントゲン写真ではあごの骨の高さは分かりますが、厚みまではわかりません。しかしCTではそれが分かるのです。
正確な診断と安全な治療のために、歯を支えている周りの骨の状態(質、厚み、高さ、形態等)を知ることは大切で、CT画像は、顎の立体的な形態や神経の位置の把握、さらに骨密度の検査等に利用されます。また顎や骨だけではなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜状態、病巣なども確認することができます。

特にインプラント治療を行うためには、CT撮影は必須といえます。CT撮影によって得られた情報を元に、シュミレーションソフトを用いて正確な治療計画を立てることは、治療精度の向上はもちろん、手術時間の短縮と患者様の体力負担軽減にも繋がります。つまり、CTによって、より正確に、より安全に、より快適に、治療を進めていくことが可能となるのです。

さらに、CTはインプラントだけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査・診断により、これらの治療の安全性も高めることができます。

感染症への取り組み

歯科医療は抜歯やインプラントといった外科処置が多く、唾液や血液との接触が日常茶飯事です。そのため治療器具を介した院内感染にはとくに気を付けなければなりません。
そのため治療器具の滅菌には細心の注意を払い、皆様に安心して治療を受けていただけるよう努力しております。
お支払いはクレジットカードもお取り扱いしています
アクセス


大きな地図で見る
〒551-0031
大阪府大阪市大正区泉尾4丁目17-12
東洋プラザ泉尾101
JR大正駅からバス永楽橋筋下車徒歩3分
JR大正駅から徒歩20分

お問い合わせ 詳しくはこちら