ホーム > 根管治療

根管治療

あなたの歯を最大限残すために

根管治療とは

根管治療とは

根管とは歯の中に神経や血管を送りこむ細いトンネルです。歯の根にあたる部分ですが、この「根」の先にばい菌が病巣をつくっている場合、ここをきれいにとりのぞく必要があります。

具体的にはファイルやリーマーと呼ばれる道具を使い、数十ミクロン単位で少しずつ根管を拡大しながら、薬液を使って根管の先にたまった膿やガスを洗浄していきます。そして根管内がきれいになったら、薬を入れたまま封をします(約1週間)。

こうした作業を何度か繰り返すことで、病巣は徐々に小さくなります。治癒したことが確認できれば、根管を専用の材料を詰めてフタをします。
こうなれば、その上に土台を作ってかぶせものを装着することができます。治療を途中でやめてしまうと、根管内にふたたびばい菌が増殖しますので、必ず最後まで治療を続けることが大事です。
大正区のおおまえ歯科医院では、歯牙移植・歯牙再植や骨再生などを併用しながら治療を進めます。

歯牙再植

根管治療が長期にわたる場合や、根管の先にある病巣が治らないと判断される場合、また患者様が多忙などで定期的な受診が難しい場合などに行う治療法です。
具体的には、歯を一度抜いてしまいます。そして抜いた後の穴をきれいにしつつ、根管を治療し、そして抜いた歯を元の穴に戻します。この場合、根管の治療そのものは一度で終わります。

ただ、成功しているかどうかは、様子を見る必要があります。成否のカギを握るのは歯根膜と呼ばれる歯根をおおう、厚さ約0.2ミリのうすい膜です。
歯根膜をできるだけ生きた状態で保てるかどうかが、元に戻した歯の定着を左右します。

再植の場合、歯根膜は抜いた歯の根か、もしくは抜かれた穴の壁面に残っていますから問題はありません。100%とはいえませんが、高い確率で抜くしかなかった患者様ご自身の歯を再利用することができます。
永久歯は抜いてしまえばもう二度と生えてきません。ですから、できるかぎりご自分の歯を活用していただき、自分の歯でしっかり噛めるお口を取り戻していただきたいと思います。

自家歯牙移植

自家歯牙移植

治癒困難な歯を抜き、そこへ“おやしらず”などの、不要かつ傷んでいない歯を抜いてきて植えこむ治療法です。
他人の歯では拒絶反応が起こりますので、患者様の体には患者様ご自身の歯を使う必要があります。自分の歯では当然、拒絶反応も起こりませんし、人工歯ではない自分の歯で噛むことができるようになります。

ただし歯を同じ場所に戻す再植と異なり、いくらご自分の歯とはいえ、移植する場所の骨の形状などが必ず適合するとは限りません。また歯根膜がどれくらい残っているかも重要となりますので、歯牙再植にくらべて成功率は少々下がります。また条件に合った歯がなければ施術することはできません。

しかし、入れ歯やインプラントではなく、できれば「自分の歯を使ってほしい」というのが当院の考えです。技術が発達したとはいえ、「自分の歯のように噛める」と「自分の歯で噛める」では、やはりまったく違うといわざるをえません。またこちらの方が費用も安価ですから、患者様のご負担も軽くすみます。

お支払いはクレジットカードもお取り扱いしています
アクセス


大きな地図で見る
〒551-0031
大阪府大阪市大正区泉尾4丁目17-12
東洋プラザ泉尾101
JR大正駅からバス永楽橋筋下車徒歩3分
JR大正駅から徒歩20分

お問い合わせ 詳しくはこちら